中国整体についての知識

体が疲れたり、だるかったりした時に整体などを利用される事があるでしょうか。痛みがひどいと思わずしかめっ面になってしまい、不機嫌そうに見えたり、肩こりなどはひどくなると偏頭痛がおきたりという場合もあります。こんな時に整体でバランスを戻すことで、すっきりとして痛みなどが和らいだりします。

Body of research highlights effectiveness of massage therapy | AAMT

しかし、この整体にもいろいろな種類のものがあります。日本独自のものもあれば、ヨーロッパ、アメリカなどいろいろなところで独自の理論が体系づくられています。世界中の人が同じように疲れるのだなと実感させられます。しかし、奥深さという点で感じさせられるのは、何と言っても中国整体ではないかと思います。

中国での整体は2000年の歴史といわれており、スイナと呼ばれるものです。一番なじみのある日本で多い整体に近いような気がしますが、手やひじ等体のいろいろな部分を使って、体を整えていくという手技のものになります。基本的な考え方は他の整体と同様、体のゆがみやバランスを調整し、本来の状態の戻してやることで、人間が元々持っている自然治癒力を取り戻させていこうというものです。

Massage Therapy Research Fund | College of Massage Therapists of Ontario

ただ中国整体のすごい点というのは、2000年前という古い歴史にも関わらず、資料として実際にどのようなところに効果があるというのが残っている点だと思います。もっともこういった治療を受けていたのは、その時々の権力者だけだったようですが、それにしても現代まで有効な整体のベースが2000年も前に生まれていたと考えながら、整体治療を受けていると気分的にも効いてきて、体の調子が早く戻りそうな気がしてしまわないでしょうか。

junebride-movie_中国提灯